以前の記事にて出会い系からのLINEの交換の方法・そしてLINEのやり取りについてお伝えしましたが

この記事では相手とアポが取れてからのやり取りで気を付けるべき事をお伝えします



LINEのやり取りはほどほどに!



アポも決まったし、仲良くなるためにLINEのやり取りを沢山しよう




この考え方は危険です
LINEのやり取りで仲良くなっていくには良いようでリスクがあります


会う前はそんなに話題もありません。
その状態で無理にやり取りを続けようとすると、お互い話題を出すのに疲れてしまうし思いがけない返信が相手の地雷を踏むことになります


直接話すのと違って、文章のやり取りの欠点は感情が伝わりにくい事です。
こちらはそんなつもりで言ってないのに、相手の取り方で変わってしまう


そして取り返すのが難しく、いつの間にか無視されブロックされている事もある


雑な返信は相手を冷めさせる

やり取りが多くなればなるほどそのリスクは高くなることを覚えておいてください



即レスで返すのもやめた方がいい!



LINEをいつでもすぐに返信してくる


朝でも昼でも夜でも


女性はどう思うでしょうか


何でこの人こんなに暇なんだろう?
ちゃんと働いている人なの?
危ない人じゃないの?


自分では相手と仲良くなりたくて即レスしただけなのに、イメージが下がってしまう事があります


女性は会ったことも無い男にLINEのやり取りで好きになったりしません基本的に


巷に言うマメな男はモテる


これは
マメに返信をくれる男が好き

なのではなく

好きな男にマメにされたら嬉しいです

まだ会ってもないのにマメに送りすぎると生産性のないウザイ男と認定されることもあります


仕事の日等は無理に返信せず、家に帰ってきて落ち着いてから返せばいいと思います



相手と情報を交換しすぎない!



趣味や好きな事、異性のタイプ…
会う前にお互いの情報を交換するのはほどほどにしておいた方がいいです


会う前に相手の事を知りすぎると会う必要性が無くなってしまいます

また自分が経験したことですが気になる相手だったのに飲み会等で話していて、大体こんな人だと分かった時なぜか興味が無くなってしまった事がありました


これは心理学的にも相手が自分の理解できる範囲に入ってしまうと興味を無くしていくようです


情報の交換はほどほどにしましょう



会う前に馴れ馴れしく彼氏のように振る舞うと自分の首をしめることになる!



前回の記事にも書きましたが、ネットの出会いあるある

写真でかわいいと思って会う前から彼氏のように振る舞った

相手も同じように彼女のように返してくれている

意気投合して会ってみたらとんでもない女の子が来た


その落差と来たら…


このように会う前に彼氏ぶると痛いしっぺ返しを食らうことになります


また一見相手が返してくれてるように見えても
「何この人…会う約束しただけなのに馴れ馴れしくなって…キモッ」


相手は心の中でドン引きしてる場合もあります

会う前に舞い上がり相手と彼氏の距離感にするのは実は危険です



まとめ

アポが決まってからのやり取りで気を付けるべき事でした


キーワードは「やり過ぎない」事

あくまでも会うまでのLINEのやり取りは信用を得る為と考えてください


LINEで好きになってもらおうとして馴れ馴れしくなったり、変にがっついたり彼氏気取りはNGです。

こんな思いをして沢山やり取りしても労力に見合いせん


コツは1日に1回等
最低限のLINEの返信回数を決めておくことです


朝であれば「仕事頑張ろう」


夜だと「お疲れ様」

等話題も出しやすい

仕事をちゃんとしている人という信頼感そしてお互いの共有感も生まれます




参考にしていただけたら幸いです