前回の敗北から建て直すべくハッピーメール

ピュア掲示板からのやり取りでラインの交換をした


27歳保育士


今までの女の子の中で一番歳が近い
ラインのトークのやり取りではかなり真面目な印象を持った


休日の夜新宿にてアポ


駅前で待ち合わせからのご対面


【ルックスデータ】
清楚系
フェイス5
スタイル5
ファッション7

トータル17


いいではないか…!
容姿はまずまずしかし清楚系のファッションがいい


やっぱり服装は大切だ(俺はダサいけどね)


新宿の焼き鳥屋で飲む事にした


お互いの注文を済ませ話に入ろうとしたその時


彼女は煙草を取り出し、吸いはじめた


「あ…煙草吸うんだ」


「うん、あっダメ?」


「いや、いいけどさ…」


慣れた手つきでうまそうにスッパ~スッパ~吸っている


(何か印象違うな…)
俺は嫌な予感がした


何となく世間話をしてると注文が届いた


彼女は酒を豪快に飲み、仕事の愚痴や家庭の事情を俺に話始めた。


何か話が重いな…
入る余地が無いとはこの事だ


俺はただただ話を聞くしかなかった


俺のマイクロがさらにマイクロになるのを感じる


せめてもの恋愛の話をふると
「元カレはさ~だらしない奴だったから、よく蹴っ飛ばしてたけどねハハ」


こりゃダメだ


打診もなにも
完全に萎えた俺は切りのよいところでお開きにしてもらった


ラインのトークや第一印象に惑わされてはいけんなと思ったアポだった


使用サイト ハッピーメール


【GET数】 5/100